本文へ移動

与え方について

よくあるご質問

日本の消費者のみなさまと販売店様からいただきました  お問い合わせとその回答を集めました

与え方について

フード

◆他社フードからの切り替えについて

(Q) ストレスやワクチンですぐに下痢をする猫のために1週間ほど前からアズミラを試しています。
今は他のフードと混ぜています。
単独であげると余り好きではないらしいのですが、ずっと与え続けていると好むようになるのでしょうか?
また、現在はユカヌバとロイヤルカナン(ともに子猫用)を与えているのですが、そのフードが結構残っている上、好きではないフードは胃液を吐いても絶対食べない、と結構頑固なので、無くなるまでそのフードとアズミラを半々であげてもアズミラの効果はでますでしょうか?
また、アズミラは塩・砂糖・イースト不使用となっていますが、イーストはどのような悪影響があるのですか?
ご回答よろしくお願い致します。
 
(A) アズミラをご愛用頂き誠に有難うございます。ご質問につきまして、ご連絡致します。
 
①まず、切り替え方について優れた品質と鮮度により、切り替えは容易です。猫の場合、開発者ニューマン博士は2週間かけて切り替えるのを勧めています。
最初の1週間は以前のフードとアズミラを半分ずつ与えます。
次の1週間は以前のフードを徐々に減らしながら、アズミラを増やし、2週間で全てアズミラにして下さい。
与える量はアズミラの基準量に減らすことを忘れないで下さい。
(増量剤や副産物を一切使用せず、全て人間用の優れた素材と独自の処方により、吸収率が高く体内利用度が高いですので。)
 
アズミラに切り替えた猫ちゃんはずーっとこれだけで満足して食べてくれるというケースが殆んどです。
以前のフードは、勿体無いですが、2週間の切り替えが済み次第処分されることをお勧めします。
猫ちゃんのために。
 
②イーストについて 多くのペットフード、おやつ、サプリメントにビールの醸造に使った残りかすが使用されることがありますが、 これは安価な増量剤です。
イースト(B1を含む食物)は肝臓に有毒で、皮膚からの老廃物の排出を増やす結果、長期に渡って摂取すると感染を起こしやすくし、より皮膚の問題を引き起こします。
B群はサプルメントから摂取することの方が遥かに有益で効果的です。
そうでないビール酵母ならよろしいかと思われますが。 ご参考になれば幸いです。
サプリメント

◆液体ハーバル製品の薄め方について

(Q) 液体ハーバル製品は少量のぬるま湯やアップルジュースで薄めて使用する様ラベルに記載されていますが、
その理由と薄める割合を教えてください。

(A) 経口にて給与する場合単純に苦味を緩和するためです。
薄める割合は製品1滴に対して5-6滴、又はそれ以上でもかまいません。
給与量を残さず全て与えることが大事ですので、与え易い量に薄めることです。
 
■食餌に混ぜることも出来ますがその場合は2倍量をお勧めします。
 
【参考】
フラワーパワーエッセンスは薄めないで与えます。
経口にて、又は飲み水に入れることも出来ます(食餌には混ぜません。)
株式会社アズミラジャパン
〒590-0023
大阪府堺市堺区南三国ケ丘町4-1-1-101
TEL.072-275-5491
FAX.072-275-5516
■ペット用品輸入代理店■
 
TOPへ戻る