本文へ移動

ペットフードは適切に保管して最適な栄養価を保ちましょう。

ペットフードは適切に保管して最適な栄養価を保ちましょう。

購入した製品にバリアパッケージが使われている場合はそのまま使用することが栄養素を保つのに最も適して
います。この様なパッケージは袋の縁を折ってクリップでしっかり留めることで再度密封できます。バリアパッケージは適切に再密封すれば蟻やネズミから守ります。バリアパッケージを更に容器に入れる場合は陶器、ガラス、ステンレスの保存容器だけを使いましょう。これらの材質ならフードの粒に反応しにくいですし、腐敗が進まないでしょう。
プラスチック容器に直接フードを入れると、それが食品用グレードのプラスチックであっても酸化を促進し栄養素を失います。プラスチック容器の中にはホルムアルデヒドやPCB(ポリ塩化ビフェニル)等の化学物質をフードに浸出させるものがあります。アルミ缶はペットをアルミ中毒にさらし、素早くペットフードを破壊します。
ペットフードの鮮度は素材の品質と同様に重要なことなのです。
 
株式会社アズミラジャパン
〒590-0023
大阪府堺市堺区南三国ケ丘町4-1-1-101
TEL.072-275-5491
FAX.072-275-5516
■ペット用品輸入代理店■
 
TOPへ戻る