HOME | Azmiraについて | フード | サプリメント | フラワーエッセンス | シャンプー・コンディショナー・他 | オヤツ
  アズミラ取扱店 | クィックガイド | Q&A | お問い合わせ | お知らせ | 並行輸入品について | 勉強会のご案内 | 会社概要
ホリスティック
  アニマルケア
品質について
 
 
 
 
ホリスティックアニマルケア
 

アズミラは世界で最も有益なペットケアセンターとして重要な役割を果たしています。

Azmira®の立証された製品は以下の真実に基づいています。

 
 
リサ・ニューマン博士(ホリスティック栄養学博士・自然療法医)
 
アズミラの創設者で製品開発処方責任者です。ナチュラルペットケアの先駆者及び製品開発者として国際的に高名を得ています。
彼女は様々な療法学における数々の学位を取得していて、その能力は1982年以来ナチュラルペットケアに注がれています。
ニューマン博士は著者であり、経験豊富な講演者として、またラジオトーク番組に頻繁にゲストとして招かれる博士としても知られています。
1982年当時彼女自身が納得できる製品がなかったことから自ら製品開発を手がけ、1985年に最初の製品が発売されました。
1998年ニューマン博士は長年の研究を元にクレイトン大学において「ホリスティック栄養学博士」及び「自然療法学」の学位が授与されました。
 
ナチュラルペットケアシリーズ by ニューマン博士
 
ニューマン博士の8冊の著書には彼女の経験と良識が詰まっています。素晴らしく衝撃的な内容であることは勿論、ペットオーナーにとって最適な
ホリスティックアニマルケアライフスタイルへの指針と立証されたアズミラ製品の応用をご理解頂けます。(残念ながら、日本での出版は
実現しませんでした。)
 
研究と実績に基づく製品群
 
ニューマン博士のペットケア製品は20年以上にわたる綿密な研究、調査と経験に基づいています。推測や誇大表現は一切ありません。
当社製品はUSDA/FDA品質基準により健康に有益であることが保証された充分な栄養素とハーブの調合に基づいています。
単にハーブやビタミン(人間用の品質だとしても)を使用したから良いというものではありません。植物は生きるために水を必要とします。
僅かテーブルスプーン一杯の水しか与えなければ木は死んでしまいます。ある人はちゃんと水をやったよ、と言い通します。
そうだとしたら、その水は汚染されていたのでしょうね。 当社はDr. ニューマンの実績にスポットを当てることが誇りです。
これはナチュラルペット飼養と健康に向けた“常識的な”方法です。The Holistic Animal Care LifeStyleのアプローチはペット自身が自ら持つ力を
サポートすることによって結果が得られ、1982年創業以来世界中でペットオーナーと獣医師によって応用されています。
 
独自の素材
 
当社独自の素材とパッケージのコンセプトが当社のユニークな製品群に対する人目をひきます。
 
ほとんどのニーズに対応できる製品群
 
ペットの健康をサポートするほとんどの製品を揃えています。
 
相乗的に働くそれぞれの製品
 
生物学的システムとそれぞれのペットが自然に必要とするものでサポートすることによって健康体に向けてうまく相乗的に作用します。
 
The Holistic Animal Care LifeStyle
 
ホリスティックアニマルケアライフスタイル(アズミラ社の登録商標です。)ニューマン博士の、“反転”に対する長期にわたる体系的なアプローチに
基づいて開発されたフードとサプルメントがペットの健康をサポートします。適切な食餌によっても十分でない場合は当社の特定のサプルメントが
サポートします。治療が必要と疑われる場合は信頼できる獣医師による適切な診断を受け、治療内容と必要なサプルメントを確認してください。
それによってそれぞれのペットが必要とする適切な製品をご使用下さい。
 
様々なニーズに応用する特定の製品
 
様々なニーズに対する基本となるサプルメントがありますので、状況に応じたサプルメントやハーバル製品を。
混乱や困惑を招くことなくお使い頂けます
 
傑出した調合と品質
 
アズミラ社独自の優れた調合が様々な状況におけるペットの健康をサポートします。
 
全素材の分析と最高水準の
USDA(アメリカ農務省)/FDA(食品医薬局)規制手続きに準拠
 
第三者の研究室及びLee Veith獣医学博士による当社基準を通して当社の基準に基づく品質は当社への供給業者によって維持されている事を
保証します。製品物は即座に追跡調査され各製造ロットの信頼性が維持されています。製造品質と規格化された製品の品質は企業秘密です。
 
他社の製品と比べてみてください・・・・当社の実績は魅力的なパッケージや販売戦略に満ちた製品とは比較にならないことに驚かれるはずです。
 
ステップ(1)
 
清浄で、完全で、健康的で残余物の材料が使われていない材料で作られたAzmiraフードを与えてください。当社のおやつも、出回っている
おやつの潜在的な問題を排除するのにお役にたちます。
 
ステップ(2)
 
健康の種火となる、フードだけで補えないレベルの栄養素は基本サプルメント「メガペットデイリー」、「スーパーC2000」、
「ガーリックデイリーエイド」がサポートします。当社の製品は様々なタイプのペットに適応していますので、消費者は猫、犬、鳥、うさぎ、
フェレット、等に容易に対応できます。
 
ステップ(3)
 
ステップ(2)で何ら変化が見られない場合Azmira®の特定のバイオシステム(生物系統学)サプルメントをお勧めします。
これによって何が作用しているのか、していないのか推測する無駄を排除出来、優れた理解と成功が得られます。
 
《参考》身体がステップ(2)での反応をみないで沢山のサプルメントを与えないで下さい。ペットの状態が何を示しているかをみて、根源的な
原因に対応して下さい。ひどく深刻な状況について、まずステップ(2)の段階としてペットが抱える問題点をサポートするため、一つか二つの
サプルメントから始めます。身体は間もなく予備を蓄積しますので、サポート性のサプルメントに依存する度合いが少なくなります。
再度申します。必要に応じて一つか二つのサプルメントを選び、様子をみてください。
 
Azmira Holistic Animal Care®がペットにできること・・・それはホリスティックケアとは何かを理解していただくとお分かりいただけます。
 
ホリスティックケアとは全体的なケア、即ち部分的なケアではなく身体全体のケアを意味し、身体全体そしてさらに生活環境に至るまでを
防御のために包囲することです。様々なモダリティ(類似した兆候における使用法)の応用は身体自らの健康を維持するために行われます。
これは健康と行動の問題に関連する生物学的不均衡を避けるのが目的です。
 
栄養素は健全なホリスティックプログラムの基本でありしばしばそれ自体が情緒的、、肉体的健康と維持の決定要因になることがあります。
粗悪な栄養素は素早く不均衡状態を招きます。
 
Azmira®はホリスティックに育てられたペットの健康は相関した3つの要素、即ち身体、情緒、環境のバランスがとれた状態と定義しています。
健康なペットは身体的活力に溢れ、生理学的機能不全とも無縁で、情緒的にも健全ですから正しい行動と幸せが得られます。
その結果ペットと人の相互の喜び、愛情と生活環境における安全が得られます。反対に、化学的に育てられたペットは生物学的不均衡状態や
疾病に陥るケースがよく見られます。これは不健康な状態を招き、身体的な活力に欠け生物学的機能不全による慢性疾患を招き、
心理的ストレスが間違った行動を起こし、しばしば身体的に有害な環境下での生活を余儀なくされていることが見られます。
ひとつの器官のシステムだけに作用させようとする手法は他の部分に別の影響を与えます。
 
全般的な重度の不均衡状態においては、健康な身体では何ら影響を受けないアレルゲン、ウィルス、バクテリア、毒素に猛烈な攻撃を受けます。
それがいつか身体を破壊していきます。Azmira Holistic Animal Care®はこの様な状態におかれているペットが必要とするものを識別し
サポートするのを目的に開発されました。全ての動物のケアテイカー(ケアする人)の第一の目的は彼らの仲間に情緒的、身体的幸福を
与えること、単に不均衡のサインを抑えるのではなく自然治癒力にサポートされた疾病の予防と反転を助けることです。
 
Azmira Holistic Animal Care®の優れたところは正に真実であり、非常に容易に実践でき、しかも安全であることです。正しく対応すれば
身体は良好な状態が得られます。充分な愛情、Azmira®の高品質のフード、サプルメント、ホリスティックハーバル製品の適切な応用によって
あなたのペットは健康なバランスを保ちます。もし、このバランスを保った身体がある物質に攻撃され、不均衡状態を招いたとしても
自然治癒力をサポートしバランスを再構築し、衰退から防御します。
 
©1998、Lisa S. Newman ホリスティック栄養学博士、自然療法医 - All Rights Reserved -
 

 

HOME

Azmiraについて

サプリメント

フード

フラワーエッセンス

シャンプー・コンディショナー・他

オヤツ

アズミラ取扱店

クィックガイド

Q&A

お問い合わせ

お知らせ

並行輸入品について

勉強会のご案内

会社概要

©2000 Azmira Japan